東京オリンピック100メートル走の勝者は誰か

ニュース

現在の男子100メートルの世界記録は、

ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が2009年8月にベルリン世界選手権で記録した

9秒58

ですが10年以上破られていません

画像引用:wikipedia

ボルトが登場するまでは、ボルトと同じジャマイカ出身のアサファ•パウエルが世界記録保持者でした

  • 99年:9.79(M・グリーン)
  • 05年:9.77(A・パウエル)
  • 07年:9.74(A・パウエル)
  • 08年:9.69(U・ボルト)
  • 09年:9.58(U・ボルト)

ちなみに私が子供の頃に熱狂したカール・ルイスの記録は、9秒86

ドーピングで失格となり幻の記録と言われたベン・ジョンソンの記録は、9秒79

ウサイン・ボルトの記録がいかに圧倒的、驚異的であり、この先人類は彼の記録を破れないのではないかとさえ思えます

東京オリンピック100メートル優勝候補者

男子100メートル走はオリンピックの花形種目

緊急事態宣言が今にも出そうなこの状況下で、そもそも東京オリンピックが開催されるかかなり微妙ですよね

しかし、もしオリンピック開催となった場合、ボルトが引退した今、誰が世界最速の称号を手にするのでしょうか

クリスチャン・コールマン(米国)

175㎝と陸上選手としては小柄ながら、驚異的なスタートダッシュが武器の選手。

ボルトが引退してからは彼の記録9秒76は世界最速

2019年世界陸上男子100メートル覇者

60メートルでも6秒34の世界記録を持つ

しかし、ドーピング検査ルール違反により2年間資格停止処分を受けたことにより、東京オリンピック出場は厳しくなってしまいました

陸上男子100m金メダル最有力の米国コールマンが東京五輪出場できず(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
花の陸上男子100メートルの金メダル最有力候補が東京オリンピック(五輪)の舞台に立てなくなることが確定した。 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は16日、19年世界選手権男子100メートル覇者のクリスチ

ジャスティン・ガトリン(米国)

短距離界のレジェンド、ジャスティン・ガトリン

画像引用:wikipedia

世界歴代5位となる9秒74(2015年)のベストを持ち、五輪および世界選手権の100mで3度の金メダルを獲得

現在39歳のガトリンは、今も東京オリンピックに向けてトレーニングを行っています

5回の五輪大会を経て、決勝へと連続で進出した者は未だかつていません。もし実現したらそれは金メダル以上の偉業なのかもしれません

マイケル・ノーマン(米国)

カリフォルニア州出身の22歳、若手の成長株。

母親はなんと日本人

画像引用:wikipedia

2020年7月、米テキサス州で行われた競技会の100メートルで世界最速タイムの9秒86を記録

男子400メートルでも2019年に世界最高となる43秒45をマークしていて、コンディション次第では十分優勝も狙える選手です

アカニ・シンビネ(南アフリカ)

2016年リオデジャネイロオリンピック100メートルのファイナリスト。

画像引用:wikipedia

今年に入って、向かい風3.0mで9秒99を記録。これは無風ならなんと9秒79と同レベルの記録だそうです。

24歳の南アフリカ陸上界の若きスターが、見せ場を作るのでしょうか

アンドレ・ドグラス(カナダ)

200mの現カナダ記録保持者の26歳

画像引用:wikipedia

2016年リオデジャネイロオリンピックで、200mで銀メダル、100mで銅メダル、4×100mリレーで銅メダルを獲得

2020 男子100m世界ランキングでは、9秒97の第4位

トレイボン・ブロメル(米国)

2015年北京世界選手権男子100mの銅メダリスト

画像引用:wikipedia

専門は短距離走。100mで9秒84、200mで20秒03の自己ベストを持つ。

100mのU20世界記録保持者。

2020 男子100m世界ランキングでは、9秒90の第2位とメダル有力候補

ボルトはやっぱりすごかった

こうして現役の有力候補となる選手の記録を眺めてみると、ウサインボルトの9秒58はやばすぎますね

画像引用:wikipedia

9秒台の日本人選手

近年の日本人の体格は昔に比べたら欧米人に近づきつつあり、かつ科学的トレーニングの進歩もあり、記録が伸びてきているので楽しみです

2017年に桐生祥秀が、日本人で初めての10秒の壁を破る9秒98の日本記録を樹立して以来、日本人は3名の9秒台の選手がいます

もし本番で彼らの自己ベストを出せることがあれば、ファイナリストになれる可能性は十分にあります

そしてなんと言っても日本チームは、4X100メートルリレーのメダルの期待が高まります

19年: 9秒97(サニブラウン・ハキーム) 

17年: 9秒98(桐生祥秀) 

19年: 9秒98(小池祐貴) 

山縣亮太が2年ぶりの優勝

9秒台ではないですが、10秒00の記録を持つ山縣選手が、オリンピックが近づいているこの時期に、桐生選手や小池選手を破り優勝しました。

広島出身・山縣亮太選手が優勝 10秒14…地元で復活をアピール 織田記念陸上 (テレビ新広島) - Yahoo!ニュース
見事、復活をアピールです。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりに開催された織田幹雄記念国際陸上。広島市出身の山縣亮太選手が見事、地元での優勝を飾りました。 男子100mには広島市出身の山縣、日本人で

日本人代表は誰になるのか

(6月5日更新)

日本の陸上男子100メートルの五輪出場枠は3つですが、以下の2つをクリアすると即内定です

  • 一定期間に参加標準記録10秒05をクリアすること
  • 25日に始まる日本選手権で3位以内になること

現時点で記録の条件を満たしているのは、サニブラウン、桐生、小池の3名

明日6日の布勢スプリント(鳥取市)で、他の選手が参加標準記録10秒05を破れると、25日の日本選手権が混戦になってきます

ケインブリッジ飛鳥、多田修平、山県亮太などまだ有力な選手もいますので、今月は目が離せません

タイトルとURLをコピーしました