歯の定期クリーニングのすすめ

ライフスタイル

『芸能人は歯が命』というCMを知ってる人は年齢がバレますが、芸能人ではなくとも歯は健康な人生を送るためにはとても大切です

40代半ばの私は、定期的に歯のクリーニングを行っています。

歯のクリーニングは、歯ブラシだけでは落としきれない汚れを取り除くもので、虫歯や歯周病の予防につながります

また、歯磨きがしにくい・歯に汚れが付きやすいという人にとって、手っ取り早く本格的なお掃除ができる「歯のクリーニング」はおすすめです。

こんな方に歯のクリーニングがお勧め

  • 歯磨きが苦手・歯並びが悪い
  • 愛煙家・色素が付きやすい飲食習慣の方
  • 歯周病までいかないけど、歯茎の調子が悪い方

私は下の歯並びが悪いので、歯の隙間に歯石が溜まりやすいです。

また、コーヒー好きなので、ステインが歯に付着し、放っておくと歯を黄ばませていきます。

さらに、昔の銀歯の治療不備から、歯周病までにはなっていないけど、放っておくと危ない歯があります。定期的なクリーニングによって、悪化の進行を抑えることができています。

まさに歯の三重苦。私にとって歯のクリーニングは必須なのです。

歯のクリーニングのメリット

歯のクリーニングを行うメリットには以下の3つがあります。

  • 歯磨きだけで落とせない汚れを除去
  • 虫歯や歯周病を予防できる
  • 口臭の改善・予防につながる
  • 歯のメンテナンスをしていると自信を持って相手と話すことができる

歯磨きだけでは落とせない汚れを除去

皆さん、毎日歯磨きはしていると思いますが、どんなに丁寧にブラッシングを行っても歯磨きだけでは全ての汚れを落とすことはできません

歯のクリーニングは、歯科医療用の機器や技術を用いて行われるので、日頃のブラッシングでは落としきれない汚れ、歯垢、歯石の原因などを取り除くことができます。

定期的に歯のクリーニングを行うことで、歯に付着した汚れを落として、本来の歯の白さを取り戻すことができます。

虫歯や歯周病を予防できる

虫歯や歯周病を予防できるのが大きなメリット。

虫歯や歯周病の原因は、歯石に付着した細菌ですが、歯磨きだけで歯石を取り除くことは難しいです。歯のクリーニングなら歯・歯周病の原因となる歯石を除去することができます。

歯周病は、歯の周りの炎症の病気ですが、悪化すると歯が抜け落ちたりするばかりでなく、糖尿病など全身に影響が及ぶこともあり、ある意味虫歯より怖い病気です。一旦歯周病になったら完治というのはないですし。

口臭の改善・予防につながる

歯のクリーニングは口臭の改善や予防にもつながります。

歯石には細菌が付着しており、その菌の発生させるガスが口臭悪化のもと。

丁寧に歯磨きを行っても歯石は残るので、口臭を改善・予防するためには歯のクリーニングが効果的と言えます。

アラフォーサラリーマンは、口臭にも注意したいですよね。

歯のメンテナンスをしていると自信を持って相手と話すことができる

今はコロナ禍で皆マスクをしているので気になりませんが、普段、相手と話す際相手の顔のどこを見ますか?

私は、相手の目と歯です。

相手と話す際、もし自分の歯が黄ばんだり、汚れが付着していたら相手と話すのは気が進まないですよね。

自身が綺麗な歯(真っ白という意味ではないですよ)で自信を持つことは、仕事をする上でもとても大切だと思います。

歯のクリーニングの方法

病院によって多少の違いがあるでしょうが、私の行っているクリーニングは以下の流れです:

  1. 歯や歯茎の状態、歯石、歯の汚れなどをチェック
  2. スケーリング(スケーラーで歯石を除去
  3. フロッシング(歯間部の歯垢を除去)
  4. エアフロー・ジェットクリーニング
  5. フッ素を塗布

最初に、先の尖った機器で歯と歯茎の間が何ミリ深さが空いているか(歯周ポケット)を調べられます。何気にこれが一番苦手。チクチクします。

それが終わるとスケーラーと呼ばれる器具を使用して歯石と歯の表面の沈着物を除去します。

その後に、フロスを使用して、歯間部の歯垢を除去します。要は糸ようじです。

で、メインが、超微粒子撥水パウダーと水や圧搾空気を吹き付けることによって汚れや色素を落とすエアフロー・ジェットクリーニングを行います。

このパウダーの大きさも、大小とあって、一番強力なのが大ですが、唇に当たると痺れる感じで痛いです。私は、汚れが目立つときは大、綺麗なときは小でお願いしています。

そして最後は、フッ素を塗ってもらうのですが、フッ素は歯の再石灰化を促進し、表面のエナメル質を修復するはたらきがあります。

クリーニングの相場価格

クリーニングには、「歯周病治療」の一環とし保険適用で行える範囲と、自費で行う範囲があります。

病院や個人の治療の種類によって価格は変動すると思いますが、私の場合は、「自費」で上記のクリーニング内容で、1回あたり5,000円程度です。

3ヶ月に1回のペースで年4回=20,000円程度かかっています。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだと思いますが、健康を維持するコストとしては私は許容範囲です。

また年一回やるだけでも、何もしないのとでは全然効果が違いますから、5000円で歯の健康を維持することができるならお勧めと言えますね

タイトルとURLをコピーしました