数学は社会人に役立つのか

教育

少し前に早稲田大学政治経済学部の入試に数学が必須教科になったことが話題に上がりました。

最近は慶應大学法学部に押され気味ですが、「ワセダのセイケイ」と言えば私大文系のトップ学部。

その学部の試験に「数学」が加わったことで『政治経済学に数学が必要なのか』という議論にとどまらず、数学を学ぶことと社会人としての数学のあり方について考えさせられることとなっています。

早稲田大学政治経済学部の試験で算数が必須に

早稲田大学政治経済学部のこれまでの試験は、私立文系ではオーソドックスな、外国語国語が必須で、日本史、世界史、数学からの「選択3教科入試」でした。

しかし、今年の試験から数学I Aが必須科目となりました

      変更前         変更後
外国語大学共通テストの
国語外国語
日本史 or 世界史 or 数学国語
 数学IA
 地歴公民 or 数学ⅡB or 理科
 独自試験:日英両言語による長文読解と記述回答

この早稲田大学の改革が、世間で「数学要る・要らない論争」で話題を呼びました。

それにしても今の学生さんは幅広い勉強が求められて大変そうですね。

数学I Aとは

数学I・A は、高校数学の基本です

高校生になって習うものですが、実はその内容は、中学数学で学んだことをそのまま発展させたものになっています。

  • 式の展開
  • 因数分解
  • 平方根
  • 2次方程式
  • 2次関数
  • 三角比
  • 相似図形、三平方の定理
  • 場合の数・確率
  • 整数
  • 図形の基本的扱

皆さんもやった記憶あるのではないでしょうか。

ここで世間の「数学要る・要らない論争」で必ずと言って良いほど議論されるのが、

2次方程式を習ったって社会人では一切使わない

相似比なんて学校卒業して以来見たことがない

などがありますが、その分野一つ一つが必要なのではなく、その答えに至る考え方の過程や思考力を鍛えることが肝要だと思われます

数学は社会人に必要か

私は私立の文学部の出身です

しかし、就職して以来毎日数字を使っています

管理職となった今では、部門の「予算」を決め、毎日の業績(売上)とKPI(業績に連想している各指標)を分析し、進捗を確認しています

月が終わるとPL(損益計算表)とにらめっこしながら業績レポオートを書く。その際に使用するのは、すべて数字とその根拠となる背景です

また会議をしていても、マネージャークラスを任されている人は、会話の中から、瞬時に分析的な視点で話をできる者が多いのも事実

こう振り返ってみると、数学的思考は実社会の中で働き始めてから必要不可欠なものであり、そこに文系理系の境目はない

これはただ単に、会計的な数字の計算ではなく、そこに至る道筋を数学的な思考で考えることが重要と言うことです

そう、数学的能力は、優秀な人材に求められる能力の一つであることは間違いないです

数学と英語

入試の世界では長い間、英語は文系理系問わず必須。数学は理系の科目とされてきました

しかし、社会人になって、全く英語を使わない人は大勢いますが、数字を扱わない人はないでしょう。

数字=数学ではないですが、社会人を経験してみて、思考力の深さや理路整然と説明できる能力などは、やはり算数や数学の基本をしっかりと勉強してきた人が高い気がしています。

一方、大学卒業まで10年、英語を勉強してきた日本人の多くが英語を話せない今の現実は、どうなのでしょうか。。

AIやビックデータの世界

現代はビッグデータの時代と言われます。

そして、そのビッグデータを活用して恐ろしいほどのスピードで進化しているのがAIです

AIには膨大なデータが必要で、そのあらゆるデータは私達の身近にあります

ここで重要になるのが、そのデータをどう使うか。どのような切り口で分析するのか

そのために必要なのが、数学的素養であり、数学が基にある統計学になるわけです。

実際、私の会社のイーコマース事業部でも、顧客データを分析し、それをどのように活用するのかを組み立てるデータサイエンティストが非常に重要であり活躍しています

AI化が進む中で、企業もますます数学的思考や統計学に強い学生を採用する意欲が高まっています。


私個人としては、「数学=理系の科目」とするにはもはや時代の流れに則さないと思います。

海外の優秀な人材と一緒に仕事をしていると、彼らの論理的な思考力、数学的な分析能力の強さ、プレゼンテーション能力にはいつも感心させられます。それプラス英語が母国であったりするから羨ましい。

そしてこれからAIが幅を利かせるようになる社会では、求められる人材像が激変します。

そこに合わせて、教育内容を変化させる必要が生まれているのではないでしょうか

今回の早稲田大学政治経済学部の試験改革は、そんな時代の変化合わせた動きなのだと思います。

教育
マッシュをフォローする
外資系サラリーマンのつぶやき
タイトルとURLをコピーしました