「六厘舎」人気つけ麺

ライフスタイル

東京で一番有名なつけ麺屋と言っても過言ではない六厘舎

私は、普段はあまりつけ麺は食べないのと魚介スープがあまり好きではないのですが、六厘舎のつけ麺だけは大好きでよく食べに行きます。

六厘舎は、元々はJR大崎駅付近にお店があって、途中火事で閉店している時期もありましたが、今は同駅から徒歩5分程度にある大崎ウィズシティというオフィスビル1階にあります

人気絶頂時の程ではないですが、今でも昼時は多くの客が列をなしています。

大前駅から繋がるブリッジを渡り、階段で1階へ

六厘舎おすすめポイント

私は11時過ぎに行ったのであまり待たずに入れましたが、11時30分を過ぎると外には行列ができ始めます。

店内は、カウンターとテーブル席。

カウンター席は、コロナ対策用の仕切りが設置されてたため、一蘭風になっていて、隣を気にせずに食べられます(笑)

店内はカウンターとテーブル。コロナ対策もされています
仕切りで隣を気にせずに食べられます

選ぶならつけ麺

メニューは、つけ麺と中華そば(ラーメン)がありますが、六厘舎に来たらならつけ麺一択でしょう

並盛(850円)にプラス100円で大盛りもできますが、並盛りでもそれなりのボリュームはあります。ここが一蘭の「替え玉を食べること前提」とは違うところ

魚介系と豚骨系のダブルスープ

魚介系と豚骨系のダブルスープ。

私は魚介スープは好きではないのですが、六厘舎の魚介はそれほど癖がなく、いわゆる”ぎょかい”という風味とは違います。

スープは、ドロドロ系なので麺によく絡みつきますが、ここは好みの別れるとこかもしれません。

ゆず粉がスープの風味に合う

柚子粉と黒七味がおいてありますが、私はゆず粉をいつも入れています。

六厘舎のスープに柚子の香りがほんのり加わって味がスッキリします。

麺がもちもち

茹で上げた麺を一度冷水で締めているため、コシのある食感です。もちもちしていて食べ応えがあります。

冷たいコシのある麺と温かいスープが混ざり合って、普通のラーメンにはない食感を楽しめるのがつけ麺の醍醐味ですね。

なお、麺は、あつもり(冷水締めの後、再びお湯で温める)をお願いすることもできます。

スープ割りで二度美味しい

麺を食べ終えた後には、残ったスープに割汁を入れて「スープ割り」が楽しめます。

割り汁は、魚出汁に柚子を加えたもので、うっすらと香りがします。


六厘舎が登場したときは、そのスープの味も斬新でしたが、最近は他店にマネされて、昔のような圧倒的な感動は無くなってしまったのも事実。

しかし、850円で体験できる味としては、私は満足レベルですし、他の有名な一蘭や一風堂より総合評価は高いです

まだ行ったことのない方がいたら、ぜひお試しを。

都内には、大崎の他に東京駅、上野、ソラマチ(スカイツリー)、羽田空港(今は休業中にお店があります。

タイトルとURLをコピーしました