首都圏緊急事態宣言「延長すべき」57%を憂う

ニュース

昨日の毎日新聞の全国世論調査で、

緊急事態宣言を 3月21日以降も延長すべき」との回答が57%に上った

と掲載されました

首都圏の緊急事態宣言「延長すべきだ」57% 毎日新聞世論調査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 毎日新聞と社会調査研究センターは13日、全国世論調査を実施した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都圏4都県に発令されている緊急事態宣言について、「3月21日以降も延長すべきだ」との回答は57%
写真引用:https://mainichi.jp/graphs/20210313/mpj/00m/010/002000f/6
毎日新聞デジタル

世論調査と日常生活の乖離

先日の世論調査に関する記事も書きましたが、どの世代がどのような回答をしたか興味ありますね。

回答は「携帯電話731件、固定電話325件の回答を得た」とだけ記載があります。

国民の6割近くが、現在の形骸化していると言っても過言ではない「緊急事態宣言」の延長を望んでいるなんて私には衝撃です。

今日3月14日(日)は、道路はとても混んでいて、いつもは車で30分で着く距離も一時間かかりましたし、この記事は今ミスドで書いていますが(笑)、ドーナツ買うのに15分も並ぶほど店内は混雑していました。

街は人で賑わっています。

国民の半分以上が自粛を望むなら、なぜこんなに人が外出しているのでしょうか

実際、私の周辺でも「早く緊急事態宣言終わってくれないかね」とは話しても、「延長して欲しい」なんて言ってる人いないです。(心では思っている?)

そもそも、毎日新聞の発表した内閣支持率は36%となっていて、先日の読売新聞の世論調査の結果(48%)と今回の毎日新聞の結果は大きく違います。

日本は、民主主義国家なので、色々な意見があってしかるべきで、マスコミも政府寄りや左派などのそれぞれの主張はあっても良いかとは思いますが、国民の意識の調査を発表するならそこは変な誘導はしないで正しい意識を反映させてほしいものです。

これだけ情報がネットで取れるようになって、マスコミの世論誘導など通用しなくなりつつあると思いますが、やはり依然、テレビの力は人々の意識に影響を与えているのでしょうか?

写真引用:https://mainichi.jp/graphs/20210313/mpj/00m/010/002000f/1
毎日新聞デジタル

それとも、「聞き方」によって、答えを導かれているのでしょうか?

とは言え、コロナについて感じ方は人それぞれですし、ご本人や知り合いが罹ってしまった方とそうでない人の不安の感じ方に違いがあるのは事実。後遺症で苦しんでいる方もいます。

国民の6割近くが、依然緊急事態宣言の延長を望むほど不安を感じているなら、国は自主的な自粛のお願いに頼った政策ではなく、もっと抜本的な対策を進めるべきでしょう。

やってる感のパフォーマンスではなく今国がすべきこと

東京都の小池知事のパフォーマンス行政は、もう本当にいい加減にして欲しいものですが、国も知事たちも人々に自粛のお願いするだけの「口先緊急事態宣言」ではなく、人々をコロナ禍の状況下でも安心させるような政策に取り組むべきと思います。

今、優先的に取り組むべきことは、

医療体制の強化だと思います。

マスコミは「医療崩壊」って言葉だけを大きく取り上げ、それが国民の不安を煽っていると思いますが、そもそも何が崩壊なのか?

私の近所の病院は崩壊なんてしてません。むしろ、コロナを恐れて患者さんが減り、かなり暇そうです。

そもそも、日本は人口あたりの病床数は諸外国の中でも多く、感染者数は比較的少ない状況。本来で有れば病床の逼迫は少ないはずです。

ではどうして、医療崩壊などと言う話になるのか。

それは、一部の病院にコロナ対応を押し付けているからに他なりません。コロナを受け入れている医療関係者は心身ともに限界に達しています。

現在、医療機関には感染症患者を受け入れる法的な義務はありません。

この未曾有の緊急時に法改正を行い、病院に対する監督権限のある都道府県が病院に「こういう病床を用意してください」と指示・命令できるようにすべきでしょう。

政治家は、支援者団体である「日本医師会」を忖度しているのでしょか?

弱い立場の民間企業である携帯会社には強気で、手強い相手には何もしないのですか?菅さん。

今は国家の危機ですよ。

タイトルとURLをコピーしました